私が通っていた高校は、エスカレーター式に大学に行くことができました。

薬剤師を目指した時のエピソード
薬剤師を目指した時のエピソード

私が通っていた高校は…

● 51歳 女性の場合
私が通っていた高校は、エスカレーター式に大学に行くことができました。

高校の中で頭がよい子は皆薬学部を希望しました。
私も薬学部を目指して、3年生の時には理系クラスを選択したのです。
薬剤師を目指そうと思ったのは、子供の頃お世話になっていたお医者さんの奥さんが、看護師兼薬剤師で薬を包む作業が楽しそう、と思ったこと。それと憧れていた友人のお姉さんが薬剤師だったこと。薬の名前も面白く効能を覚えるのが好きだったこと。

でも、薬学部に行くためには、関係なさそうな授業がいっぱい。数学は元来、苦手分野ですから、既につまずきチンプンカンプン。化学は好きでしたが、物理は苦手。理系を選ぶと、楽しい美術や音楽、家庭科もなくなりました。

クラスメートは、お医者さんや薬剤師の娘さんが多く、皆優しくクラスの雰囲気は良かったのですが、とにかく勉強が難しく赤点ばかり取っていました。
理系クラス3つの中から、半数だけが薬学に進めるのですが、結局ギリギリのラインで落ちてしまいました。
今、医薬分業になり、就業先も増えているので、あの時受かっていたら…と残念な思いです。

Copyright (C)2017薬剤師を目指した時のエピソード.All rights reserved.