薬剤師は、専門の資格を活かして人の役に立つ仕事をすることが出来るので、若い頃から憧れを持っていました。

薬剤師を目指した時のエピソード
薬剤師を目指した時のエピソード

薬剤師は、専門の資格を活かして人の役に立つ仕事をすることが出来るので、若い頃から憧れを持っていました…

● 33歳 男性の場合
薬剤師は、専門の資格を活かして人の役に立つ仕事をすることが出来るので、若い頃から憧れを持っていました。

医療関係の仕事の場合、お医者さんや看護師にスポットが当たることが多いですが、病院で働く薬剤師も縁の下の力持ちのようであり、子供の頃はかっこいい仕事だと感じていました。

大学受験をした時は、薬剤師の資格を取得することが出来る薬学部を中心に受験をしましたが、現役で薬学部に合格することが出来ませんでした。
現役で他の学部には合格していたのですが、やはり昔から憧れていた薬学部にどうしても入りたかったので、浪人をして無事に次の年度には、希望する大学の薬学科に入ることが出来ました。

憧れていた薬剤師の資格を取得することが出来る大学に入ることが出来たので、在学中は人一倍勉強し、卒業時には国家試験にも合格することが出来ました。
現在は地元の病院で薬剤師として就職し、充実した生活を過ごすことが出来ております。

Copyright (C)2017薬剤師を目指した時のエピソード.All rights reserved.