私が薬剤師を目指したのは、近所で調剤薬局を運営されている薬剤師さんの影響です。

薬剤師を目指した時のエピソード
薬剤師を目指した時のエピソード

私が薬剤師を目指したのは…

● 51歳 女性の場合
私が薬剤師を目指したのは、近所で調剤薬局を運営されている薬剤師さんの影響です。

普通の調剤薬局なら、処方箋を見て、その通りの薬を処方してくれるものだと思います。
ところが、その薬剤師さんは、一人一人の患者さんのことを覚えてくれていて、この薬ではなくこちらの薬の方がいいのではないかとか、こちらの処方はちょっと違うと思うので、先生と話してみるなど、医師と対等の立場で患者のためにアドバイスをしてくれていました。

ただの服薬指導だけに留まらず、色々なアドバイスを行っていました。
それまで、そのような薬剤師さんに出会ったことがなかったので、その薬剤師さんがとても強く印象に残りました。
薬が処方されるまでの間、その薬剤師さんの仕事ぶりを見ていて、医師にならなくても薬剤師になれば、病気で苦しむ患者のための貢献できるのではないかと思ったのです。

患者さんのために働くには、それなりの豊富な知識が必要になると思いますが、そのような豊富な知識を持った薬剤師になりたいと思いました。

Copyright (C)2017薬剤師を目指した時のエピソード.All rights reserved.